読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kahonium's diary

色んなことについてそれなりに書き連ねます

劇場版SAOの考察【主に終盤のネタバレあり】

 

  わーい!今日で試験が終わりなので映画を観に行ってきたよー!たーのしー!

 あとブログも久しぶりに更新しました。

 

  ということで、二時間に及ぶ劇場版ソードアートオンライン -オーディナルスケール-を鑑賞してきた次第です。感想は割愛で、考察についてガンガン語っていきたいと思います。第3週目は特典が映画に関わる小説、ということもありますがその本を見る前に記事を書いたので後々になって「あ、なんだこのことは小説に書いてあるじゃないか」といったようなものを以下に記してあることに私が気付き、そっとその部分を消すかもしれません。そもそも私自身の考察は論点がズレている可能性があるので、その時にはそっと教えてください。そっとね。

 

 では以下に、考察になりうるネタについて語ります。それなりに長いです。あとマジでネタバレしているので観てない方はこのブログを読む前に映画を観てしまいましょう。はい(露骨なステマ)

 

 

 

 

 

 

  なんでこの映画のタイトルはオーディナルスケールなん?

 -ここら辺はうろ覚えなので申し訳ないですが、SAOは基数、OSは序数に基づいた概念である、と説明されています。SAOでは体力、攻撃力といった単なる数字、基数に倣っているのに対し、OSでは"1位、2位"などと順位付けされているため、序数、すなわち"Ordinal number"からの由来で出来ているのではないか、と思います。

 

  風林火山なんで序盤にやられてるんや!

 -エイジは元血盟騎士団のメンバー、ということもあって自他のギルドの内情には詳しかった可能性があります。そこでチームを組んで戦うようなチームが風林火山しかなかったので、エイジにとっては絶好のカモだったのではないか、と

 思えばエイジくん思いっきり「SAO事件」という備忘録的な本を読んでましたね、そりゃわかるわけだ(顔と名前はエイジのオーグマーでは認識できた模様、他は不明)

 

  なんで歌姫じゃないユナにキリトは触れられなかったんですかね…

 -歌姫じゃない(フード付きの服着てる)ユナは幽霊みたいな存在だと思います。というのも、SAOサバイバーの記憶の断片をかき集めて生身のユナを造ろう(復活させよう?)としているので、その収集具合が3,4%の時は文字通り幽霊の如く触れられなかったのでは、そして半分ほど集まってくる頃からキリトと会話ができたあたり、人間に近づいてきたといった感じですかね

 

  歌姫じゃないユナは何を拾ってたの?

 -SAOサバイバーの記憶?としてもユナが登場する区域での記憶はドローンが自動回収してくれるはず。ユナも1人なので、出てこなかったところでSAOサバイバーが負傷し、記憶の破片が散乱したかエイジが確認し、日中ユナに取りに回らせていた可能性がありそうです。

 

  フードつきのユナと歌姫ユナ、同一人物な割に行動に差がありすぎて違和感

 -前者は普通の人間(段階的にはまだ自己保存プログラムの一環)で、後者が単なるプログラム、とした上で意識を共有していないのであれば一応辻褄は合います。歌姫は文字すら読めない状態なので完全に独立してそうです。

 

  エイジめっちゃ強くね?現実世界であんなに跳べるの?

 -終盤でキリトが気付きましたが、エイジの頚椎らへんにある機械が全身にバフ(プラス効果)を与える仕組みではないか、と思っています。あれが重村教授から貰ったものなのか、自分で開発したのか、はたまた2位報酬なのかは不明です。

 

  キリト「先生(重村教授)はロボットも作れるんですね」←どういうこと?

 -恐らく重村教授の娘と歌姫、かつフード付きユナと照らし合わせて出したセリフだと思います。オーグマー並びにオーディナルスケールを開発したのが教授なら、そのプログラムの一部として機能する歌姫ユナもまた重村教授の製作品、ということでしょうか

 

  なぜエイジは「歌姫ユナが歌以外のことに興味を示した」ことをわざわざ重村教授に報告しているの?

 -重村教授やエイジが望んでいるのはSAOユナ、というか現実世界のユナの復活なので余計な知識を偶像である歌姫ユナに与えたくないんでしょうか。ただこの推論はあくまで二人のユナが知識や記憶を共有している、という仮定によってのみ成り立ちます。独立していれば報告する必要がないと思われます。

 

  キリトが夢の中で悠那と会った場所は?

 -アインクラッド第100層、紅玉宮という場所です。

 

  死神からの攻撃が貫通しユナが負傷した際、キリトの援護によって撃破されたけどあの時順位が入れ替わったのは?

 -これは2つの理由が考えられます。一つは「オーディナルスケールは敵を倒した際のスコアによって順位が変動し、死神を倒したことでキリトのスコアがユナを上回った」ということです。が、ユナは敵を倒す、といったシーンが見受けられないのでこの可能性は低いと思います。もう一つは「1位のユナですら苦戦したボスを次点のキリトが倒したので順位が入れ替わった」と考えています。というかあの死神、SAOの時ではユイが管理者権限行使してなんとか倒したんだっけか。

 

  100層ボス、名前は?

 -回復していた時にバナーが見えましたが"An Incarnate of the Radius"とありました。「具現化する世界」といった意味でしょうか、SAOの由来となっている名前でもあります。

 

  100層ボス戦でALOやMMOからも助っ人やってきたけどあれはどういうこと?現実世界を介さずに直接種々のVR間を移動できるの?

 -ユイちゃんががんばったんですよ。きっと。

 

  ランキング1位になると何かあるの?

 -冒頭のところから伏線が張られていたので、これについてはずっと(でもないですが)考えていました。キリトが1位になってから大剣を振るうだけでボスモンスターを複数倒していきました。まさにその大剣は無敵の二文字に尽きるものであり、これが1位の報酬かな、とも思いましたがキリトがこの大剣を手に入れたのはアインクラッドの最上層、100層ボスの部屋です。ということはボスを倒した報酬、と考えるのが妥当でしょう。私個人の考えでは、1位報酬は「自分自身が無敵になること」だと思います。どんなにダメージを食らってもHunter Downをしなくなる、故に冒頭の戦闘シーンで弾丸がユナに当たりそうになっても平然としていられた(結局エイジが跳ね返したけど)と思っています。

  重村「オーディナルスケールでの順位は絶対。1位となった者は不死となる。そう設計したのは君だろう?茅場」 といった発言が劇中であったので、死なない、が報酬でしょう。

 

  あの後ランキングはどうなったの?

 -そもそも順位が変動した時のキリトは現実世界のキリトではありません。目の色が違う、というのもありますが一掃し終えた後に消滅し、フルダイブから目覚めた描写がされているので間違いなく"意識の中の"キリト、と考えるのが妥当でしょう。ただここで問題なのは、フルダイブ中の黒の剣士キリトと現実世界のキリトはお互いを共有しているのか、という点です。共有しているなら1位ですが、していないのであれば現実世界に1位はいない、欠番ということになります(でもそうなると現実世界のキリト氏は何位になるんだ)。ユナにおいても、共有している仮定の上で考慮すれば歌姫でもそうでなくても1位ですが、そうでなければ歌姫ユナの位置付けが不明になる。歌姫という立場は謎の空欄だった1位の座につく至高の存在、ととれますしユイのように重要NPC、としてランキングに影響されない一線を画した存在、ともとれます。そういったことを考えると頭がややこしくなってきますね。

 

  ステージのボスモンスター一掃した後にユナ消滅したけど、次のシーンに当たり前のように歌ってるのはなんで?

 -あの時消えたのはSAOのユナ(つまり優菜)だと思います。今まではSAOユナとOS歌姫ユナが混在する少しカオスな流れだったけどこれで完全に後者に主導権が移った、ということではないでしょうか(もう生き返らせようとしても生き返れない?)

 

  結局続編あるの?

 -ないわけないでしょ

 

 

 

 

  以上となります。私も1回だけ見て場の勢いに圧倒されながら記憶を辿って書いてるので、どこか間違っているところがあるかもしれません。私自身の考察に至っては間違いだらけかもしれません。ですが、こういう見方もあるんだな〜ぐらいの程度で構いませんので、一つの考察として捉えてくださると嬉しいです。

 

 

顧客が本当に必要だったもの

を説明していきたいと思います。n番煎じです。

 

f:id:yuu-lightprogrammer:20170210234035j:plain

 

 こんな画像を見たことがある方もいるかもしれません。

これだけじゃ何が何やら、という人向けにITをちょっと齧ったばかりの私が解説してみます。「あ、このオチか知ってるわ」という方にとっては今回のブログは(ry

 

1)顧客が説明した要件

 

顧客「ブランコ作りたいなあ、せや、こんなブランコ作ってくれへんか」

開発「わかった(でもなんかこのブランコ蛇足感あるな…まあええわ)」

 

2)プロジェクトリーダーの理解

 

開発A「さすがに三段ブランコは需要なさそうだから一段にしてみたわ、後あれじゃ枝折れちゃうから変えといたよ」

開発K「なるほど(でもこれじゃブランコ動かなくね?)」

 

3)アナリストのデザイン

 

開発B「開発Aの設計じゃブランコ動かないじゃん、修正するよ」

開発K(お、流石)

開発B「ブランコが通る予定の幹の部分ぶっこ抜いて支えれば万全だね」

開発K「これまたすぐに壊れそうなものを」

 

4)プログラマのコード

 

開発C「木の枝に繋がれた木の板」

開発K「はい」

開発C「幹に2本の紐を繋いで完成」

開発K「はい(顧客のひとブランコ3つ要求してたけどまあいいか)」

開発C「もうこれでいいんじゃね?さっきのと違って条件全部満たしてるぞ」

開発K「これはブランコじゃない

 

5)営業の表現、約束

 

営業「木の板じゃ地味だから豪華なイスにしてみたぞ」

開発K「あのさあ」

 

6)プロジェクトの書類

 

開発K「んー、なんかブランコに関する記録が見当たらないな」

    「ところどころメモは見つかるのに、『ブランコ』とか『木の枝』とか描いてあるやつが」

    「こんな断片的な情報、あんま意味ないよなあ」

 

7)実際の運用

 

開発一同「…」

??「これターザンのアレ?」

 

8)顧客への請求金額

 

開発「こちらが要望のブランコです」

顧客「へぇ〜…ええやん(うせやろただの紐ぶら下げてるだけじゃん)なんぼなん?」

開発「1000万で」

顧客「うせやろ?ぼったくりやん」

 

9)得られたサポート

 

開発「本当にこれでよかったんですか」

顧客「ぼくもターザンやってるわけじゃないし、切り株に腰掛けてる方がなんか落ち着くし」

 

10)顧客が本当に必要だったもの

 

顧客「今更言うのもアレやけどな、ぼくはこんなのが欲しかったんや」

開発(最初のやつと随分違ってない…?)

 

 

 クソ長くてすいませんでした。これで終わりです。

この10枚の画像については本当に多種多様な意見があるので、参考程度に捉えておいてください。それではまた別の記事で!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唯一真面目に語った気がする

ちょうどセンターから2週間

経ってませんね。

 

 最近急に忙しくなったのでブログを更新してる暇がありませんでした。ごめんなさい。

というか今もないです。これを打ってるこの日も模試があるっぽいです。勉強しろ。

なんだかんだ長い記事を書けないので、近況報告だけする形で短く締めくくることにします。

 

 センター試験が終わりました。国語は案の定ネタに走り、日本史(世界史?)で妖怪ウォッチが出たのが印象的でした。数学は2015年IIBのような問題が出るかな?と謎の期待はしたものの、平均的な問題が多かったように見えます。時間があれば僕も実際に解いてみたいと思います。

 

 ではまた次回の記事で!

メダル獲得問題

 少し期間が空いてしまいましたが、ご無沙汰してます。

宿題に追われていたのでなかなか書く時間がありませんでした。ただタイトルの通り、これを書いている際はまだ冬休みを過ごしております。ちなみに宿題は終わっていません。じゃあさっさとやれよ。

 

 さて話題は変わるのですが、突拍子もなくこんな記事を書いたのは理由があります。とある数学の問題を思いついたのです。僕はそれを「メダル獲得問題」と名付けることにしました。

 

  1. A,B,Cという3人の人物を用意する。
  2. Aにメダル1枚、Bにメダル2枚、Cにメダル3枚を配布する。
  3. そのあと、1人1回ずつサイコロを振る。
  4. 1,4が出たら1枚、2,5が出たら2枚、3,6が出たら3枚メダルを配る。
  5. サイコロを振り終えたあと、一番多くメダルを持っている人から2枚没収する。
  6. 5を繰り返す。但し没収された後のメダルの枚数が0になることはない。一番多くメダルを持っている人が2人以上いた場合、適用される全員のメダルを2枚没収する。

 

 この作業が終わる時、一番多くメダルを持っている人がただ1人である確率を求めよ

注)サイコロとは、6つの面に1~6の数字がそれぞれ記されており、目の出る確率は1/6で同様に確からしいものとする。

 

 

 適当に頭の中で思いついたものなので低クオリティーですがご容赦下さい。

ちなみにこれを書いた筆者は答えを知りません。それでもいいよという方、是非解いてやってください。

多項定理についてやんわりと語る

元旦には何もやることがない…わけではないですが、二項定理について語ったので「多項定理」についても個人的に物申してみたいと思います。二項定理だけでお腹いっぱい?ははは、冗談はよくない。

 

察しのいい方や既に学んでその記憶がビッシリ残っている方はおわかりだろうが(後者はほぼいないと予想)、二項定理の上位互換的な存在であることは間違いなさそうである。

では多項定理とはどんなものなのか。

 

  1. 項が3つ以上の二項定理みたいなやつ

 

 

・・・と言われても反応に困るので、実際に例を挙げると

 

(a+b+c)^n=....

 

 

 

 

....?

 

 

 

 

....??

 

 

 

 

お使いの端末は正常です。というか考えてもみてほしい。以上の式の左辺は確かに多項定理の一般的な公式だが、a=x^2、b=x、c=1、n=9だとしたら貴方はどうするか。「(x^2+x+1)^9を計算せよ」なんて問題が出てきたらどうするのか。答えはいたって簡単。どうしようもできない。というかそんな問題出てこない。

 

じゃあどんなのが聞かれるのよ、というとこれもまた特定の項でしか問わないのが多い。多いって曖昧な表現なんだよ、ただの予防線です。

 

Q.(a+b+c)^9におけるa^6*b^3の係数を求めよ

 

さて、だいたいこういう問題が多項定理の登竜門(そうでもない)だが、一般項はどんなものかというと

 

任意の(a+b+c)^nにおいて、a^p*b^q*c^rの係数は

 

n!/p!q!r! *(a^p*b^q*c^r)

(ただしn=p+q+rを満たす)

 

Cは消えたけど今度は!が出てきた!なにこの!!エクスクラメーションマークだよ。

よく見れば、(a^p*b^q*c^r)のところは覚えなくていい。求めるべきものの情報であり、かつ問題を解く前に我々に与えられているので、元から分かっているのである。さらに簡単に言ってしまえば、pとqとrは既に分かっており、nについてもその下にちょこんと(ただしn=p+q+rを満たす)この様に書いてあるので、つまるところ計算問題ということになる。じゃあなんでこんな仰々しい名前なんだよ。

 

だが多項定理はこれだけではない。例えば友達2人とジャンケンを1回したとしよう。友達が2人もいない?その限りではない。

 

となると、マレーシアなどの例外は除いて出す手は3種類、かつその確率が何故か強大な力によって1/3に収束するが、自他共にこちらの方が計算しやすいのでこれで考慮する。

 

さて、ここで多項定理を適用するとどうなるだろうか。

グーの確率が1/3、チョキが1/3、パーが1/3、3人でジャンケン…

 

 

(1/3+1/3+1/3)^3

 

 

さていきなり感が凄いが、受け入れてほしい。一番左の1/3がグー、中央がチョキ、右がパー、^3の3が人数である。これ普通に計算して1じゃねぇか。その通り。これはすべての確率の和を表しているので、むしろ1にならなかったら何かしら間違っているのである。

 

このままでは何が何だかなので、やはり例から入ることにしよう。

1人がグー、2人がチョキを出す確率を求める時は

 

3!/1!2!0! *(1/3)(1/3)^2(1/3)^0

 

多項定理のあの公式を覚えておいだろうか。これはp=1、q=2、r=0の場合である

ではp=1、q=1、r=1の時はどういった状態だろうか。これは引き分けである。各々グー、チョキ、パーを出している状態である。ちなみに「1人が勝つ確率」となると上の式に3C1をかける必要があるので、そこにも注意しよう。^nなので、たとえ1000人でジャンケンしようが場合分けできる(計算できるとは言ってない)が、東大とかで出た「一度負けたら次回から参加できない」という特殊ルールや、複数回やる場合にはあまり不向きである。なんだったんだ多項定理。

 

というわけで多項定理についてそれなりに心中を語ったので、この辺りで締めることにする。証明?できるっぽいですよ。ただこのブログは学習サイトでもなんでもないので、知りたい方は専門サイトまで足を運んでみてください。

 

(P.S. !で思い出したことがありました。撹乱順列についても追って述べたいと思います)

二項定理についてやんわりと語る

大昔に学んだきり忘れていたものがありました。

数学IIといえば三角関数、指数対数微積などなどメジャーなものが思い浮かぶが、恐らくマイナーであろうものに「二項定理」がある。

まぁそんなものあったっけかな。僕も思い出したのはつい数週間前のことでした。

 

たとえば二項定理とは

 

 

(1+x)^n=nC0(1)^n+nC1(1)^n-1*x+nC2(1)^n-2*x^2+........+nCn-1(1)^1*x^n-1+nCn(x)^n

 

 

は?

 

 

初見の時は9割くらいの学生が考えるのをやめそうな公式。

そもそもいざ式を打ち込むときに異様に見づらい。自分はPCやスマホで入力する際、冪乗は"^n"で打ってますが、いやそれでも勘違いすることがある。二項定理はその典型例のようなもので、^nした後にまだ式が続く。ノートに書くのであればお得意の"・"(または何も書かない)で済ませられるんですけどね。

 

愚痴はこの辺にしておいて、何が厄介かというと、今までは(x+1)^2、(x+1)^3は数学Iでこなし、^4、^5も己の計算能力にかけて突破してきたかもしれない。それが今回は^nなのだ。n。任意の自然数

ということで、中1とかに「(x+1)^100のx^49の係数出してみな」とか言うと変態扱いされて軽く引かれるわけだが、二項定理を知っていればお茶の子さいさいである。

 

二項定理はたま〜〜〜にセンター、数検、大学入試などで問われるが、おおかたnの数はべらぼうにでかいので、すべてにおいて書きつくす必要はないと思われる。じゃ何知ってればいいのよ。一般項である。

 

任意の式(x+a)^nにおいて

nCk(x)^k(a)^(n-k)

 

そろそろ編集の限界を感じてきた。とはいえこれが一般項である。前の式より更に一文字追加されているが、kというのはx^kのkである。何を言ってるかわからないって?

 

たとえばさっき「(x+1)^100のx^49の係数出してみな」なんてことを書いたが、この場合だとxの49乗のことを聞いているのでk=49、と考えればよいことになる。

 

さすれば直前の公式に代入すると

 

100C49(x)^49(1)^51=100C49*x^49

 

となる。

 

まって、100C49ってなに?製造番号??

 

Cはcombination(ネィティブ)のC。数学Aで触れたであろう知識。…え?場合の数と確率はトラウマ??頑張りましょう。

 

筆者としては100C49なんて計算してると人生で大切な何かを見失いそうなので、過程は割愛します。でも二項定理なんて活躍するのこんなケースしかないじゃん!無能!!…果たしてそうだろうか?

 

実は次のような問題にも一瞬で対処できる。

 

Q.2^n > nが全ての自然数nにおいて成立することを示せ

A. 2^n=(1+1)^n

     =nC0(1)^n+nC1(1)^n-1+nC2(1)^n-2+.......+nCn-1(1)+nCn(1)^0

     =1+n+n(n-1)/2+......+n+1

  ゆえに明らかにnより大きい。命題は示された。  [Q.E.D]

 

以上は二項定理を使った「二項展開」による証明方法である。単なる計算だけでなく、このように不等式を証明するまでに至るので、記述問題などでも大活躍間違いなしであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・それ帰納法でよくね?

 

 

 

(P.S パスカルの三角形について調べてみると、二項展開の仕組みがわかるかもしれません) 

 

2017年

あけましておめでとうございます。そしてはじめまして。

ブログに触れたことはないのですが、年明けということなので始めてみました(動機になってない)。

日々思ったことについて忘れる前に書いておこう、というのがブログの趣旨なので、そこも含めて閲覧お願いします。