kahonium's diary

色んなことについてそれなりに書き連ねます

顧客が本当に必要だったもの

を説明していきたいと思います。n番煎じです。

 

f:id:yuu-lightprogrammer:20170210234035j:plain

 

 こんな画像を見たことがある方もいるかもしれません。

これだけじゃ何が何やら、という人向けにITをちょっと齧ったばかりの私が解説してみます。「あ、このオチか知ってるわ」という方にとっては今回のブログは(ry

 

1)顧客が説明した要件

 

顧客「ブランコ作りたいなあ、せや、こんなブランコ作ってくれへんか」

開発「わかった(でもなんかこのブランコ蛇足感あるな…まあええわ)」

 

2)プロジェクトリーダーの理解

 

開発A「さすがに三段ブランコは需要なさそうだから一段にしてみたわ、後あれじゃ枝折れちゃうから変えといたよ」

開発K「なるほど(でもこれじゃブランコ動かなくね?)」

 

3)アナリストのデザイン

 

開発B「開発Aの設計じゃブランコ動かないじゃん、修正するよ」

開発K(お、流石)

開発B「ブランコが通る予定の幹の部分ぶっこ抜いて支えれば万全だね」

開発K「これまたすぐに壊れそうなものを」

 

4)プログラマのコード

 

開発C「木の枝に繋がれた木の板」

開発K「はい」

開発C「幹に2本の紐を繋いで完成」

開発K「はい(顧客のひとブランコ3つ要求してたけどまあいいか)」

開発C「もうこれでいいんじゃね?さっきのと違って条件全部満たしてるぞ」

開発K「これはブランコじゃない

 

5)営業の表現、約束

 

営業「木の板じゃ地味だから豪華なイスにしてみたぞ」

開発K「あのさあ」

 

6)プロジェクトの書類

 

開発K「んー、なんかブランコに関する記録が見当たらないな」

    「ところどころメモは見つかるのに、『ブランコ』とか『木の枝』とか描いてあるやつが」

    「こんな断片的な情報、あんま意味ないよなあ」

 

7)実際の運用

 

開発一同「…」

??「これターザンのアレ?」

 

8)顧客への請求金額

 

開発「こちらが要望のブランコです」

顧客「へぇ〜…ええやん(うせやろただの紐ぶら下げてるだけじゃん)なんぼなん?」

開発「1000万で」

顧客「うせやろ?ぼったくりやん」

 

9)得られたサポート

 

開発「本当にこれでよかったんですか」

顧客「ぼくもターザンやってるわけじゃないし、切り株に腰掛けてる方がなんか落ち着くし」

 

10)顧客が本当に必要だったもの

 

顧客「今更言うのもアレやけどな、ぼくはこんなのが欲しかったんや」

開発(最初のやつと随分違ってない…?)

 

 

 クソ長くてすいませんでした。これで終わりです。

この10枚の画像については本当に多種多様な意見があるので、参考程度に捉えておいてください。それではまた別の記事で!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唯一真面目に語った気がする